【閲覧注意】女子専用シェアハウスで前の人のウ○コが全く流れておらず困惑した話。

こんにちは。陰キャあげまんのゆっか(@_twinkler__)です。

あなたは用を足そう(上品界隈では「お花を摘みにいく」というらしい)としたときに、前の人のモノ?ブツ?がそのまま残っていたことはあるだろうか?

わたしはあまりない。

覚えてる限りだと学生時代に経験した、大学で小さい方がそのままだったりした程度だ。

一瞬「うわ」とは思うけどレバーを押すだけなので大したダメージはないだろう。

でも、今回は違った。その時の話をする。

女子専用シェアハウス内で起きた悲劇。

わたしは某都心の女子専用のシェアハウスに住んでいる。

女の子しかいないのでさぞかしいい香りがしたり綺麗なイメージを持つ童貞たちもいるかもしれない。(失礼)

でも実態は全然違う。

  • 日頃からいびきが聞こえる(なのに電話の声はめっちゃ女)
  • 使用済みの食器が放置されている
  • ゴミ袋をなかなか変えずいつもパンパンにゴミが入っている
  • ドアを閉める音、歩く音が大きすぎて「え、何かやなことあった?」って思うレベル

わたしはこの生活になって2年経つのだが、「女って本当怖い」と心底思うようになった。

ゆっか

なんだかんだこの生活に慣れてしまったものの、それでも衝撃を受けた事件がこの「ウ○コ残し事件」である。

汚い話が大丈夫な人、好奇心強い変態は読み進めてくれ。←

いつも通り用を足そうと思ったら、とんでもないものが目に…。

うちにはお手洗いが3つある。

お手洗いの掃除に関しては清掃業者が週3くらいでくるので特に問題なく、嫌なことと言えば汚物入れから溢れている他人のナプキンをなくなく片付けることくらいだった。(まあまあキツい)

そして今日もいつも通り用を足そうとフタを開けたら、その瞬間もうマジでそのまんますごい量のウ○コが視界に入ってきたのである。

もう衝撃でしかなかった。

むしろもう一周回って無だった。

原因は機械の故障だった。

なぜこんなことに?と思い「流す」ボタンを連打するもびくともしない。

…なるほど。だからウ○コそのままなんだね。仕方ないね。うんうん。

ってなれば良かったんだけど、今回はならなかった。

ゆっか

いやまじグループLINEで伝えるなり貼り紙するなりしなよ!

なんのためのグループLINEだよwwww

ちょいイラつきながらボタンの電池の入れ替えを試みたり、貼り紙を貼って周知した。

(結果、今あるものでは直らなかったので電池を買ってリベンジしようと思っている。)

冷静に考えて、「すぐ処理できない女はモテない」。

わたしは結構ショックだった。

いつも顔を合わせているうちの誰かがあのウ○コの落とし主だと思うとマジでテンションが下がるし、機械の故障を周知しない精神にもハゲそうなくらい引く。

ここで男性諸君に聞きたいことがある。

自宅で自分が生み出したウ○コが流れなかったとして、共同生活している人間に伝えず放置する女性と仲良くなりたいと思いますか?



おそらく大半の男性が「無理」だと思う。

無論わたしも「無理」だ。

ウ○コを放置するような異性とは絶対に付き合いたくない。

だからわたしは放置しなかった。

イライラもしたし失望もしたけど、ここで見て見ぬ振りをしてしまってはなりたい自分から遠ざかってしまうのがもっと嫌だったから。

ゆっか

結局犯人は誰かわからずじまいで、皆平然とした顔をしている。

まあたしかにウ○コした本人からすると恥ずかしいから言いたくない気持ちは分かるけどね。。

人生うまくいかないこともたくさんある。だからこそ大事にしたいこと。

ハイスメイトによるウ○コ残し事件により、わたしは結構なダメージと時間を喰らった。

  • ブログ書かなきゃいけないのに…
  • YouTube撮らなきゃいけないのに…
  • 今後のプラン考えなきゃいけないのに…

色んなタスクが頭を巡っては、全てをウ○コのせいにしたくなった。



でもどう考えてもやっぱり自分のせいだった。

わたしは他人の意見に流されやすかったり、人の目を気にしてしまうところがある。

その弱さが情報発信の方向性を決める上でもすごく出てしまっていたのだ。

つくづく自分の弱さに腹が立つ。

でも大事なのはここからどうするかである。

色んな意見を見聞きするけど、結局最後に決めるのは自分だ。

悩むくらいなら手を動かし続け、手を動かしながら考えるくらいの気持ちでいた方がいいのではと思っている。

多分これから更新頻度を上げると思う。

荒削りな発信になることもあるだろうけど、しっかり綴っていきたい。


あと絶対に、どんなに焦っていてもウ○コは必ず流すと心に誓う。


感想や質問はこちらからお願いします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です