恋愛における妄想の仕方は男女で大きく違う?あげまんの妄想術。

こんにちは!陰キャあげまんのゆっか(@_twinkler__)です。

突然ですが、普段あなたは妄想をしていますか?

そしてそもそも、妄想とはなんなのでしょうか?

妄想(もうそう、英: delusion)とは、その文化において共有されない誤った確信こと。 妄想を持つ本人その考えが妄想であるとは認識できない(病識がない)場合が多い。

Wikipediaより

定義としては、病的なものという扱いになっていますが、わたしのいう「妄想」は違います。

妄想とは、現実ではない自分自身の理想像や、自分のテンションが上がるもの、元気が出るもの、いい気分になるものを想像し、あたかも現実で起こったかのような気持ちになって、今この瞬間を前向きに過ごすための無料でできる最強思考術。

ゆっかの考え←

なんかいい感じでしょう?笑←

わたしは毎日の生活に妄想を取り入れ、妄想を味方につけて日々を過ごしています。


そしてつい最近、わたしにとって当たり前の存在だった”妄想”に、男女の違いで面白い発見があることに気づきました。

今回は”妄想”から見る、男性脳と女性脳の違いについてお伝えしていきたいと思います。

  • 男性と女性の考え方の違いが気になる人
  • 妄想の可能性が知りたい人

こんな人はぜひ読み進めてみてください。

ちなみにゆっかはこんな人

すっぽんぽんサロン(オンラインサロン)運営、小学校教師、病院助手、カウンセラーをしている25歳独身女性。

大学に6年で2つの学部を卒業したり、歌舞伎町でどん底まで堕ちたり、銀座でNo.1ホステスになったりして今に至る元メンヘラの陰キャ。

夢はブログ飯でぬいぐるみブランドの立ち上げと運営をすること。

男性は働きかける妄想、女性は受け身の妄想をしがち。

妄想に思考回路が現れる

それは、ある日のふとした会話でした。

流星群を見に行きたい話をサロンメンバーとしていた時の話です。

わい 「わぁ〜好きな人と流星群見に行きたいなぁ〜!田舎じゃないと流星群ってなかなか見えなさそうですよね」

サロンメンバー 「見えなくていいんですよ。僕ならこう言いますね。”お前とここに来れたのが嬉しいからそれでいい”」って(ドヤ顔)」

わい 「草」

サロンメンバー 「www そういえば、ゆっかさんが妄想するときって大体彼氏からこういうこと言われるとか、こんなことされる、みたいな受け身の設定多くないですか?

わい 「たしかに」

サロンメンバー 「でも、男性は相手がこうしてくるとかよりも、自分がどう働きかけていくかの妄想をしがちだな、と今思いました。」

わい 「それはめちゃくちゃ興味深い!」

なお、わいにもメンバーにも恋人はいません。草

オスとメスの本能的な脳の違い

話をして思ったのが、オスは本能としてできるだけ子孫を増やすべく多くのメスにアプローチしていく必要があるのに対して、
メスはその中からできるだけ優秀な遺伝子を残せるオスを選ぶ、という原理
についてです。

よく、女性は愛されたい生き物だという表現を見聞きするけど、「自分にどれだけ愛情表現をしてくれているか、すなわち自分を守ってくれるのか」というところを本能的に求めているとも考えられます。


落としたい女がいるなら尽くせ!喜ばそう!という意見も一理あることが言えますが、真のあげまんを目指す我々は別の視点を持って妄想を取り入れると、より魅力的な女性になれるのでその考え方をお伝えします。

あげまんの妄想術

あげまん女性は妄想をうまく使います。

今パートナーがいようがいなかろうが、”自分をうまくのせてくれる人”を召喚して、うまいこと自分自身を奮い立たせているのです。

  • 自分のタイプの外見の異性に「今ここで踏ん張ったら惚れなおしちゃうな」と言われる妄想をして、実際に仕事を頑張れる
  • 落ち込んでいるときに「いつもがんばってるの見てるよ」とイケメンに言われる妄想をして、気持ちを落ち着けたり元気になる

文字にしてみると結構あれですが笑、妄想力を使って自分のセルフイメージを高めて結果的に行動に結びつくという現実があるのでおすすめです。

なんせ、自分で自分をコントロールできているのが大事です。

いい女であればあるほど、自己コントロール能力に長けています。


そして我々真のあげまんを目指す人たちは、
「この元気になった状態で誰かの役に立つことを少しでもやってみよう」
「大好きな人たちを喜ばせられるにはどうしたらいいかな?やってみよう」と、
エネルギーを循環させるための妄想になることがとても大事です。

あげまん女性は「選ばれる恋愛」よりも「選び選ばれる対等な恋愛」をする

わたしはこれまでに色んな恋愛をしてきたり、銀座クラブのホステスとしていわゆる成功者の方々の接客についたりしてきました。

そしてオーナーママの下で学ばせてもらう中で、あげまん女性の恋愛とはどういうものなのかを人一倍考えてきました。



その結果、真のあげまん女性は”与えること”に日常からフォーカスしていて、毎日の満足度が高い女性であるということに気付きました。

そして、あげまん女性が選び、選ばれるパートナーの男性も、同じように”与えること”のできる人なのです。


よく、「追われる恋をしよう」という言葉を見ますが、その考えに半分賛成で半分反対です。

たしかに女性は追われる恋愛の方が有利だし、満たされることも多いでしょう。


しかし、女性は追う追わない云々よりも、愛し愛されているバランスのとれた状態でいることが一番魅力的な状態だとわたしは考えています。


好きな人がいるあなたも、そうでないあなたも、「愛し愛される」関係性の魅力について少しでも考えるきっかけになったらうれしいです。

。。。サンシャイン池崎思い出した。

ゆっかに相談できます!

恋愛相談は、こちらの記事をお読みになってご連絡ください。

質問や人生相談などはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です